コラム


富士川地域にまつわるお話をご紹介

国道52号

2007年のNHK大河ドラマの主人公は武田二十四将のひとり、山本勘助。信玄
の軍師として有名な勘助は、三河国出身で駿河より甲斐に入国したといわれ
ます。信玄に仕えることを夢みながら、富士川沿いのこの道を甲府へ向かった
のではないでしょうか。



身延山久遠寺

日蓮聖人は、1274年南部六郎実長公に招かれ、身延山に入山しました。
実長公保護のもと、身延山久遠寺を開き、ここを拠点に広く法華経の流布に
努めていきました。特に、富士川地域には、聖人の説法により日蓮宗に改宗
した寺があり、それとともに聖人の足跡が各地に数多く残っているのです。



ダイヤモンド富士

富士山の山頂に太陽が重なるとき、ダイヤモンドのように光が放たれる光景
をダイヤモンド富士といいます。 富士川地域ではカレンダーができるほど、
日を追い場所を変えダイヤモンド富士を見ることができます。主なところでは、
冬至の日の富士川町高下(たかおり)や春秋彼岸の七面山敬慎院など。 とっ
ておきの場所をあなたも探してみませんか。



お万さまと白糸の滝

富士川地域には、日蓮宗が広まる以前からの修験道による古い山岳信仰の
跡が残ります。 七面山の麓、羽衣白糸の滝には、法華経信仰の篤かった、
徳川家康の側室お万の方の像が立ちます。今でも、周辺では、滝にうたれる
白装束の信者方の姿が見られます。



舟運模型

日本三大急流に数えられる富士川。難所の多いこの川を徳川家康の命を受
けた角倉了以(すみのくらりょうい)が開削をし、1612年に、鰍沢(現在の富士
川町)から静岡県岩淵(現在の富士市)までが通じました。人を運び、塩や穀
物を運び、近代に至るまで日本経済に大きな役割を果たしました。その後、
身延山参りの参宮線としても期待された身延線が、昭和3年には富士−甲
府間が全線開通し、物流の歴史も移っていくのでした。



奈良田

奈良田は早川町の最奥の地。「秘境」の名にふさわしく、多くの伝説や民話、
歴史ロマンに彩られた里です。そのひとつが、神のお告げによって、病を治す
ために奈良田温泉を訪れたという奈良時代の女帝、孝謙天皇(奈良王)の伝
説。回復後も8年間奈良田に滞在したと伝えられています。



本栖湖と富士

旧五千円札、現在は千円札に使われている富士山の絵は、本栖湖から見た
ものです。年間を通じて変わらないエメラルドグリーンの湖面と、富士山の四
季折々変化する表情との対比が、訪れる人を魅了してやみません。絶好の
撮影地として人気のスポットです。



西行公園

富士川を中心とした山深いこの地域は、古い社寺や由緒ある文化財などが
点在しています。豊かな自然豊と歴史的たたずまいに魅せられ、多くの文人
墨客が富士川地域を訪れています。四季折々の美しい景色の中で出会う歌
碑や文学碑。巡り歩いているうちに誰もが詩人になってしまいそうです。



微笑館

身延町丸畑地区に、江戸時代中頃に生まれた木喰上人は、全国を巡礼しな
がら、微笑をうかべたなんとも優しいお顔の手彫りの木喰仏を各地に残して
います。生誕の地、丸畑にある「木喰の里微笑館」では上人手彫りの木喰仏
や直筆の書物を見ることができます。

「木喰の里微笑館」
営業時間:午前9時〜午後5時
定休日:水曜日、祝日の翌日、年末年始
問合せ:0556-36-0753



門前通り

身延山久遠寺総門から三門に至る約1キロメートルの通りは土産店や旅館
が並ぶ歴史ある門前町。特に名物のゆばは、僧侶達のたんぱく源として食
された精進料理のひとつです。身延山を訪れたら、門前の人達の厚い人情
に触れながら、精進料理を味わってみてはいかがでしょうか。



しょうにん通り

JR身延駅前の商店街は通称しょうにん通り。瓦屋根になまこ壁、各戸に掲げ
られた家紋など、「平成の古都」をテーマに和風に統一された家並みは、仏都
みのぶならではの風景です。食事処や菓子店、土産店、旅館などが軒を連ね
ています。


ページの先頭へ
© 2008 富士川地域・身延線沿線観光振興協議会
〒409-3244山梨県西八代郡市川三郷町岩間495
電話 0556-32-5021 FAX 0556-32-5013
メールはこちらから