主な祭り・イベント
-10月・11月・12月-

| 1月・2月・3月 | 4月 | 5月・6月 | 7月・8月・9月 | 10月・11月・12月 |


印章供養

「日本一のハンコの里・六郷」ならではの珍しいお祭りです。
役目を終えた印章を供養します。
古式祭礼にのっとり行事が行われ、
会場内は不思議な雰囲気に包まれます。

開催場所:富士見ふれあいの森公園 印章の塔

問合せ先:0556-32-2159(市川三郷町商工会六郷支所)
MAP≫ ホームページ≫


地元産の大豆を使った無添加の味噌を、このお祭りで初蔵出しします。
会場となる「道の駅 しもべ」で手作りされ、約1年成熟させた味噌は、
濃厚で甘みがあり、1度食べると他の味噌が食べられなくなる、と評判です。
味噌の販売はもちろん、味噌の量り売り、味噌汁やほうとうも販売され、
味噌を存分に楽しむことができます。
また、地元産野菜、特産品の販売もあり、
下部地区の魅力に触れられるお祭りです。

開催場所:道の駅 しもべ

問合せ先:0556-20-4141(道の駅しもべ)
MAP≫ ホームページ≫


和紙の里

山梨県内では数少ない、高校生による書道パフォーマンスが目玉です。
音楽に合わせて、巨大な和紙に文字や絵を書く様は、
間近で見ると迫力があり、見応え抜群です!!
他に、特産品の販売や、絵手紙の展示、体験コーナー、ステージイベント、
身延町特産の曙大豆の収穫も体験することができます。

開催場所:なかとみ和紙の里

問合せ先:0556-62-1103(身延町商工会)
MAP≫ ホームページ≫


御会式

身延山三大会の1つで、日蓮の命日10月13日を中心に法要などが行われます。
なかでも、期間中の土曜日には、全国各地から集まった信徒たちにより、万燈行
列が行われます。日蓮が亡くなったとき、庭先の桜が一斉に咲いた、という故事
から和紙で作った桜花が飾られた万燈を引き、纏を振り、太鼓と鉦、笛でお囃子
を奏でながら総門から山門までを練り歩きます。毎年、県内外から約50団体が参
加し、信徒だけでなく、観客も一緒に盛り上がることができる行事です。
各団体によって、奏でるお囃子のリズムが異なるのでずっと見ていても飽きません。
年に1度の盛大な万燈行列、楽しんでみてはいかがでしょうか。

開催場所:総門〜三門、身延山久遠寺
開催時間:午前10時〜他

問合せ先:0556-62-0502(身延山観光協会)
MAP≫ ホームページ≫


物産まつり

「みのぶ商工まつり」、「みのぶ健康福祉まつり」、「身延町物産まつり」を1つにした、
このお祭り。
身延町の様々な特産品の販売が行われたり、
ステージイベントもあります。
内容盛りだくさんで、子供から、大人まで楽しむことができます。

開催場所:身延町総合文化会館および芝生広場

問合せ先:0556-42-2111(身延町役場産業課)
MAP≫ ホームページ≫


季節の恵み、地場産業の印章などの魅力を町内外の人に知ってもらうためのお祭りです。
印章の販売はもちろん、篆刻体験、屋台、熱気球に乗ることもできます。
子供が遊ぶスペースが充実していて、とても人気があります。
「日本一のハンコの里・六郷」の魅力に触れてみてはいかがでしょうか。

開催場所:六郷小学校校庭

問合せ先:055-240-4157(市川三郷町商工観光課)
MAP≫ ホームページ≫


富士川町の特産品や農産物の販売、フリーマーケット、ステージイベントなど、
充実した内容のお祭りです。
震度7を体験することができたり、気球にも乗ることができます。

開催場所:利根川公園スポーツ広場

問合せ先:0556-22-7202(富士川町役場産業振興課)
MAP≫ ホームページ≫


そばまつり

早川町各地区で昔から栽培・食されてきた「そば」を主役にしたこのお祭り。
地区ごとの特色あるそばが提供され、食べ歩くことができます。
そのほかに農産物や加工品の販売なども行われます。
早川町の美しい紅葉とともに、早川町のそばを味わってはいかがでしょうか。

開催場所:光源の里温泉 ヘルシー美里

問合せ先:0556-45-2516(早川町役場振興課)
MAP≫ ホームページ≫


もみじ

紅葉を存分に楽しむことができるお祭りです。
大柳川渓谷を舞台に、ウォークラリーが開催されます。
完歩者には、富士川町特産のゆずなどがプレゼントされます。
ほかに、地元産の農産物や“みみ”などの郷土料理の販売、
ます釣り大会なども行われます。
大柳川渓谷の美しい紅葉と富士川町の郷土料理を楽しんでみてはいかがでしょうか。

開催場所:大柳川やすやぎ水辺公園

問合せ先:0556-22-7202(富士川町役場産業振興課)
MAP≫ ホームページ≫


ゆずの里まつり

ゆずの販売、ゆず狩り体験など、会場が黄金色に染まる、趣のあるお祭りです。
ゆずのピラミッド数当てクイズは楽しみな企画の1つです。
また、名物のゆず餅は、つきたてを楽しむことができます。

開催場所:小室山妙法寺

問合せ先:0556-22-7202(富士川町役場産業振興課)
MAP≫ ホームページ≫


大根の抜き取りなど、農業体験ができる、珍しいお祭りです。
また、富士川町の特産品であるゆずを使った、ゆず湯は無料で振る舞われます。

開催場所:平林交流の里みさき耕舎

問合せ先:0556-22-7202(富士川町役場産業振興課)
MAP≫ ホームページ≫


西島イルミネーション

身延町西嶋西町地区の住民がやっているイルミネーションです。
2軒の家から始まり、毎年少しずつ拡大、現在では35軒もの家が参加しています。
500mの道沿いに約10万個の電球が輝き、寒い冬の夜を彩ります。
週末には地元の方が、「すいとん」や「ゆず湯」を無料で提供してくれるなど、
都会とは違った、おもてなし、温もりを感じることのできるイルミネーションロードです。

開催場所:西嶋西町地区

問合せ先:0556-62-1116(身延町役場観光課)
ホームページ≫(昨年の様子)


200年もの伝統がある、地方に伝わる歌舞伎で、
村祭りの時などに行われてきました。
南部町内船でしか見ることのできない歌舞伎をぜひ、
楽しんでみませんか。

開催場所:南部町文化ホール

問合せ先:0556-64-3111(南部町教育委員会)
MAP≫


大塚にんじん収穫祭

長いもので1m以上にもなる市川三郷町の特産品、大塚にんじん。
この収穫祭がみたまの湯で開催されます。
にんじんの販売はもちろん、品評会やにんじんの加工品なども楽しめます。

開催場所:みたまの湯駐車場

問合せ先:055-240-4157(市川三郷町役場商工観光課)
MAP≫ ホームページ≫


ダイヤモンド富士(富士川町) 12月16日頃〜年末頃まで ダイヤモンド富士

富士の山頂から太陽が昇ったり、沈んだりする瞬間、太陽がダイヤモンド
のように輝く光景のことをダイヤモンド富士といいます。富士山の見える場
所で必ずしも見えるわけではなく、県内でも多くはありません。
富士川町の高下(たかおり)地区では、年1回、毎年冬至前後の約2週間、
ダイヤモンド富士を鑑賞することができます。ちょうど真ん中から昇るのは、
冬至の日だと言われていますが、他の日にも見事なダイヤモンド富士が鑑
賞できることから、毎年多くの人で賑わいます。
2週間だけの自然のショーをぜひ、富士川町で見ては?

※大晦日夜から元日朝にかけては、混雑緩和のため交通規制が行われます

問合せ先:0556-22-7202(富士川町役場産業振興課)
MAP≫ ホームページ≫


除夜の鐘

大晦日、午後11時から、今年を無事に過ごせたお礼のお経が
久遠寺本堂で行われます。
一般の参拝者も一緒にお経を唱えることができます。
また、午後11時55分からは、境内にある大鐘楼で除夜の鐘が撞かれ始めます。
除夜の鐘は、人々が持つ煩悩を取り除き、清浄な新年を迎えるため、
108回・煩悩の数だけ撞きます。
久遠寺の鐘は大きな鐘なので、1回撞くのに10人がかりです。
先着1000人ですが、除夜の鐘を撞くことができ、撞いた人は御守がいただけます。
旧年に感謝し、新年を迎える行事、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

開催場所:身延山久遠寺本堂・大鐘楼

問合せ先:0556-62-0502(身延山観光協会)
MAP≫ ホームページ≫


河岸跡マーケット

毎月第2・4日曜日に富士川町で開催されています。
毎回、約40〜45ほどの店が出て、朝から多くの人で賑わいます。
店は、地元産野菜・果物をはじめ、焼きそばや唐揚げといった軽食、
お惣菜、手作り手芸品や木工品、さらに、足裏マッサージなど、種類豊富です。
第2・4日曜日は、富士川町の朝市「よりみちマーケット」で楽しんでみてはいかがですか。

開催場所:富士川町富士橋西側町有地
開催時間:午前8時30分〜午後2時

問合せ先:0556-22-7202(富士川町役場産業振興課)
MAP≫ ホームページ≫

| 1月・2月・3月 | 4月 | 5月・6月 | 7月・8月・9月 | 10月・11月・12月 |

ページの先頭へ
© 2008 富士川地域・身延線沿線観光振興協議会
〒409-3244山梨県西八代郡市川三郷町岩間495
電話 0556-32-5021 FAX 0556-32-5013
メールはこちらから