あんびん

あんびん(市川三郷町)


市川三郷町六郷地区の郷土菓子。雑穀(さつまいも、とうもろこし、小麦など)を粉にし、中に餡を包んだおまんじゅう。農作業の合間に食べるおやつとして、昔から親しまれてきました。ビンタをするように荒っぽい作り方をすることから、「あんびん」と呼ばれるようになったと言われています。独特の食感と素朴な美味しさがクセになります。

お問い合わせ:0556-20-2525(六郷特産品加工組合)

塩まんじゅう

塩まんじゅう(富士川町)


富士川舟運の歴史を伝えるおまんじゅう。富士川舟運が運行していた時代、静岡から運ばれた塩は鰍沢(現富士川町)で荷揚され、甲州や信州へ運ばれ、鰍沢塩として知られていました。そんな鰍沢塩を復元。その塩を使い、地元老舗菓子店が毎日丹精込めて作っています。もっちりとした皮と甘さ控えめな餡が絶妙で、いくつでも食べられる美味しさです。

お問い合わせ:0556-22-0115(竹林堂)

ゆずまんじゅう(富士川町)


生産量・品質ともに関東一で知られる、富士川町特産のゆずをたっぷり使用したおまんじゅうです。1つ1つ丁寧に手作りされるおまんじゅうは素朴な味とゆずの風味がクセになる1品です。

お問い合わせ:0556-20-2111(塩の華)

小麦まんじゅう(身延町)


大島農林産物直売所で販売される小麦まんじゅう。地元で採れた小麦を使い、地元のおばちゃんたちが丹精込めて作っています。昔ながらの素朴な味がどこか懐かしく、1度食べたら忘れられない味です。

お問い合わせ:0556-62-3311(大島農林差物直売所)

みのぶまんじゅう

みのぶまんじゅう(身延町)


小判型の茶色い皮にこしあんが入った身延の名産品。食べやすいサイズで、日本茶によく合うのでお土産にも喜ばれる1品です。久遠寺門前町と駅前商店街にあるおまんじゅう屋さんで毎日手作りされます。各店それぞれのこだわりが詰まっているので、食べ比べもおすすめです!

お問い合わせ:0556-62-1103(身延町商工会)

たけのこまんじゅう(南部町)


アクが少なく美味しいと評判の南部町のたけのこを使ったおまんじゅう。たけのこ模様の可愛らしい見た目も興味をそそります。白餡のなかに刻んだたけのこが入っていて、甘さ控えめな白餡とシャキシャキのたけのこが絶妙です。

お問い合わせ:0556-66-2260(道の駅とみざわ)

ページの先頭へ
© 2008 富士川地域・身延線沿線観光振興協議会
〒409-3244山梨県西八代郡市川三郷町岩間495
電話 0556-32-5021 FAX 0556-32-5013
メールはこちらから