自然
「花」

| | 紅葉・渓谷 | | 花(桜) |


セツブン草

日本原産の山野草で、高さ10cm、直径2cmほどの白い可憐な花を咲かせます。実際は、白い部分は咢片で、花弁はありません。早春に芽を出し、節分の頃に花(咢)を咲かせることから、節分草と名前がついたと言われます。乱獲や自生地の環境破壊によって、現在はレッドリストに登録される、とても貴重な山野草です。市川三郷町芦川沿いに群生地があり、毎年時期になると、カメラを持った多くの人が訪れます。

見頃:2月中旬〜3月上旬

問合せ先:055-240-4157(市川三郷町役場産業振興課)
MAP≫


ミスミ草

山梨県の自然記念物に指定される市川三郷町畑熊地区の三角草(ミスミソウ)。その名の通り、三角形に近い形をした常緑の葉が特徴です。雪の下でも、葉が緑であるため、雪割草とも呼ばれます。花弁のような部分は咢片で、白や紫、ピンクなどの色があります。比較的育てやすいことから、園芸植物としても知られています。

見頃:2月中旬〜3月中旬

問合せ先:055-240-4157(市川三郷町役場産業振興課)
MAP≫


ぼたん

初代市川團十郎ゆかりの地である市川三郷町。歌舞伎文化振興の中心となる歌舞伎文化公園で、市川家の替紋である牡丹を楽しむことができます。園内には120種2000本の牡丹が植えられています。4月下旬の見頃の時期には、ぼたんの花まつりが開催され、毎年多くの人で賑わいます。

見頃:4月中旬〜5月上旬


問合せ先:055-272-5500(歌舞伎文化公園管理事務所)
MAP≫


福寿草

福寿草は、春の訪れを告げる赤沢集落の可憐な花です。
見頃は3月となります。





問合せ先:0556-45-2516(早川町役場振興課)


節分草

節分草は、福寿草とともに春の訪れを告げる赤沢集落の花です。
見頃は3月となります。





問合せ先:0556-45-2516(早川町役場振興課)


妙法寺あじさい

あじさいは日本原産の落葉低木で、観賞用として広く栽培が行われています。土壌のpHによって、白や青、紫など様々な花の色をしています。また、日を経るにつれて、花の色が変化していくとこから、七変化とも呼ばれます。一般に花と思われる部分は咢片でその中に小さい花が咲いています。
富士川町妙法寺では、境内やその周辺に約2万株のあじさいが植えられ、あじさい寺として知られます。色とりどりのあじさいと歴史あるお寺の建物との相性は抜群!カメラを持った人はもちろん、スケッチをする人も多く訪れます。6月下旬〜7月上旬の見頃には、あじさい祭りが開催され、毎年多くの人で賑わいます。地元特産の柚子を使った加工品の販売や模擬店、ステージイベントなどが行われます。

見頃:6月下旬〜7月上旬

問合せ先:0556-22-0034(小室山妙法寺)
ホームページ≫


うつぶな公園あじさい

山梨県内でも花の名所として知られるうつぶな公園。園内には約90種3万株のあじさいが植えられています。6月中旬の見頃時期には、あじさいまつりが開催され、県内外から多くの人が訪れます。

見頃:6月中旬〜下旬

問合せ先:0556-64-3111(南部町役場産業振興課)
ホームページ≫

| | 紅葉・渓谷 | | 花(桜) |

ページの先頭へ
© 2008 富士川地域・身延線沿線観光振興協議会
〒409-3244山梨県西八代郡市川三郷町岩間495
電話 0556-32-5021 FAX 0556-32-5013
メールはこちらから