観光スポット -身延町-

| 市川三郷町 | 富士川町 | 早川町 | 身延町 | 南部町 |


大島農林産物直売所

地元で採れた野菜を地元の元気なおばちゃんたちが販売しています。
コロッケやうどんなど、おばちゃんたちの手作りの品は、
どれも絶品で人気があり、すぐに売り切れてしまいます。

営業時間:午前9時〜午後4時
定休日:木曜日・盆・正月

問合せ先:0556-62-3311(大島農林差物直売所)
ホームページ≫


一色地区・ホタル

自然豊かな富士川地域。そのなかでも身延町下部地区の一色(いっしき)、
湯町(ゆまち)という地域では、自然繁殖したたくさんのホタルに出会うことができます。
毎年5月下旬〜6月下旬のわずかな期間に、水辺をホタルが飛び交い、
とても幻想的な空間を作ってくれます。
6月上旬には、一色で「下部ホタルまつり」が行われています。
初夏の夜、自然の豊かな地域でしか味わえない、ホタルの光、
楽しんでみてはいかがでしょうか。
                                               今日のホタル 観測データはこちら。

問合せ先:0556-20-3001(下部観光協会)
ホームページ≫


なかとみ和紙の里

身延町西嶋地区の和紙は、400年もの歴史があるとされています。
和紙の里は、手漉きが体験できる「漉屋なかとみ」、
和紙の販売を行う「紙屋なかとみ」、地元の特産品が味わえる「味菜庵」、
現代工芸品を展示する「なかとみ現代工芸美術館」から構成された施設です。
和紙漉き体験では、うちわや灯りなど7種類のコースがあります。
販売されている和紙もとても趣があり魅力的ですが、
ぜひ、ご自分だけの和紙を作ってみてください。

営業時間:紙屋・漉屋/午前9時〜午後5時(受付は4時まで)
      美術館/午前9時30分〜午後5時(受付は4時まで)
      味菜庵/(3月〜11月)午前10時30分〜午後4時30分
           (12月〜2月)午前11時〜午後3時30分
            ※ラストオーダーは30分前まで
休館日:火曜日(祝日の場合翌日)、12月28日〜翌年1月1日

問合せ先:0556-20-4556(なかとみ和紙の里)
ホームページ≫


西島のイルミネーション

2000年にたった2軒の家から始まった西嶋のイルミネーション。
現在では、30軒を超える家が装飾され、国道52号からも分かるようになっています。
500mの狭い道沿いの家が、毎年様々なイルミネーションを飾り、
冬の西嶋地区を賑わせています。
土日には、イベントなども開催されています。
寒い冬の夜はぜひ、西嶋へ。

開催期間:12月〜1月上旬
実施時間:午後5時〜10時

問合せ先:0556-62-1116(身延町役場観光課)
ホームページ≫


富士川クラフトパーク

53haの広大な土地に、イベント広場、様々なアスレチックや遊具、
自然観察の森、大花壇など、自然を存分に楽しめる施設です。
また、園内には、国内でも珍しい「切り絵」だけを展示した、
「富士川・切り絵の森美術館」もあり、体を動かすだけでなく、
芸術にも触れられます。

開館時間(美術館):午前9時30分〜午後5時30分(春〜夏)
            午前10時〜午後5時(秋〜冬)
休館日(美術館):水曜日(祝日除く)

問合せ先:0556-62-5545(富士川・切り絵の森)
ホームページ≫


身延山久遠寺

鎌倉時代に開かれた歴史あるお寺。
三門は、とても立派で、日本三大三門に数えられることもあります。
その三門を抜けると杉並木があり、そこから本堂がある境内へは、
287段の石段、男坂、女坂と呼ばれる3つのルートがあり、
選ぶことができます。
石段を上ると、正面に本堂が見えてきます。
現在の本堂は、1985年に建てられたもの。
ここで様々な行事が行われます。
また、境内には樹齢400年とも言われるしだれ桜があり、毎年3月下旬から
4月の上旬に花を咲かせ、境内を賑わせます。

問合せ先:0556-62-1116(身延町役場観光課)
ホームページ≫


歴史民俗資料館

町内で発見された化石や縄文土器をはじめ、
中富地区で生活に使われてきた道具や西嶋和紙の製造道具、
富士川舟運に関連した資料、近くにある大聖寺の文化財など
様々なものを展示しています。
中富地区の歴史に触れられる施設です。

※職員が常駐していないため、見学の際は事前に教育委員会
 生涯学習課へ連絡をお願いします

問合せ先:0556-20-3017(教育委員会生涯学習課)
ホームページ≫


ゆばの里

身延のゆばは、日蓮聖人の栄養源として弟子たちが作ったのが始まりと言われており、
それが現在に伝わっています。
ゆばの里のゆばは、とても濃厚で、国産の大豆を使っているので安心して食べられます。
種類も様々で、用途、好みに合わせて選ぶことができます。
ゆばを使った「ゆば子ちゃんコロッケ」やゆば作りに使用した豆乳が入った
「豆乳ソフトクリーム」などの加工品、また周辺の特産品も販売されており、
お土産選びにも最適です。
さらに、併設された食事処「清流」では、ゆば刺しや豆乳鍋などゆばを堪能できます。

営業時間:午前9時30分〜午後6時(食事処/午前11時〜L.O午後5時30分、ソフトクリーム/午前10時〜午後5時)
休館日:火曜日(祝日の場合翌日)、12月31日・1月1日

問合せ先:0556-62-6161(みのぶ ゆばの里)
ホームページ≫


微笑館

木喰上人は、江戸時代の僧で仏像彫刻家です。
全国を巡りながら、生涯で1000体を超える仏像を作ったと言われています。
そんな木喰上人の生誕の地に建てられた微笑館は、
上人ゆかりの資料などが展示されています。

開館時間:午前9時〜午後5時
休館日:水曜日、祝日の翌日、年末年始(12月28日〜1月4日)
入館料:210円(一般)、100円(小・中学生)

問合せ先:0556-36-0753(木喰の里 微笑館)
ホームページ≫


本栖湖

富士五湖のなかで最西端に位置する湖です。
最大水深は5つの湖の中で1番深く、面積は3番目に大きい湖です。
また、現在使われている千円札の裏面に描かれている逆さ富士のモデルとして
有名な場所でもあり、多くの人が訪れます。
周辺ではキャンプができたり、釣りやカヌーなど
様々なアウトドア体験をすることができます。
四季折々、富士山とともに素晴らしい風景を見せてくれるスポットです。

問合せ先:0556-38-0559(本栖湖いこいの森キャンプ場)
ホームページ≫


金山博物館

身延町下部地区ではかつて、金の採掘が行われていました。
信玄の隠し湯と呼ばれる下部温泉郷のそばに、
信玄の隠し金山として採掘がとても盛んだったと言われています。
その歴史を学ぶことができるのが、湯之奥金山博物館。
金採掘の過程や道具、また金山から出土した様々な品を展示しています。
砂金採り体験をすることも可能で、
採った砂金は持ち帰ることができます。
博物館のスタッフが優しく指導してくれるので、
初めてでも楽しく体験ができます。
ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

開館時間:午前9時〜午後6時(10月〜4月は午後5時まで)
休 館 日:水曜日、年末年始
入 館 料:500円(大人)、400円(中学生)、300円(小学生)

問合せ先:0556-36-0015(湯之奥金山博物館)
ホームページ≫


門野の湯

単純硫黄泉で神経痛、筋肉痛などに効能がある町営日帰り温泉です。
詳しくはこちら≫


甲州いろは坂

国道300号の本栖道は、秋になると見事な紅葉が見られます。
詳しくはこちら≫


下部温泉郷

信玄の隠し湯と伝えられ、名湯100選にも選ばれている温泉。
詳しくはこちら≫


大聖寺

甲斐源氏、武田氏ゆかりの宝物が保管される歴史あるお寺。
詳しくはこちら≫


南松院

信玄の姉(南松院殿)が開いたと言われるお寺。
詳しくはこちら≫


富士川倶楽部

富士川でのラフティングや4輪バギーを体験できる施設。
詳しくはこちら≫


道の駅しもべ

国道300号線沿いにある道の駅。
詳しくはこちら≫


湯之奥渓谷

下部川上流に広がる渓谷。
秋には渓谷全体が紅葉し、とても美しい景色になります。



| 市川三郷町 | 富士川町 | 早川町| 身延町| 南部町 |

ページの先頭へ
© 2008 富士川地域・身延線沿線観光振興協議会
〒409-3244山梨県西八代郡市川三郷町岩間495
電話 0556-32-5021 FAX 0556-32-5013
メールはこちらから