観光スポット -市川三郷町-

| 市川三郷町 | 富士川町 | 早川町 | 身延町 | 南部町 |


市川陣屋跡

江戸時代中頃に駿府紺屋町代官所の出張所として設置された市川陣屋。
代官の居間や手代取締、公事方などもあり、とても立派な建物でした。
明治時代には、郡役所の庁舎として使用されたことも。
昭和8年に長屋門の門のみが現在の場所に移設され、今はその門のみが残っています。
しかし、門だけでも当時の建物の立派さが想像できます。

問合せ先:055-240-4157(市川三郷町役場産業振興課)
ホームページ≫


印章資料館

市川三郷町六郷(ろくごう)地区は、印章の生産が日本一といわれる「はんこのまち」です。
そんな「はんこのまち」にあるこの資料館には、様々な印材をはじめ、
篆刻の作品、印章の歴史などの貴重な資料が展示されています。
なかでも、中国のコレクター陳介祺が収集した30挙191冊の古銅印譜
「十鐘山房」は見応えがあります。

開館時間:午前8時30分〜午後5時(平日)、午前10時〜午後3時(休日)
       ※4〜11月開館(12〜3月は休館)
入館料:無料

問合せ先:0556-32-2159(印章資料館)
MAP≫ ホームページ≫


別名「市川文殊」とも言われ、知恵文殊の神様として
祭神は、天照大神、倉稲魂命(うがのみたまのみこと)、瓊瓊杵尊命(ににぎのみこと)。
本殿は、屋根の前方が長く伸び、向拝になっていて、直線的ではなく曲線の屋根で、
また、桁行の柱間が3間である三間社流造となっています。
現在の社は、様々な部分の様式や棟札から江戸中期に建てられたものです。
また、境内にある神楽殿も同じ時期のもの。
毎年2月の第1日曜日には、例祭が行われ、約900年受け継がれているという
太々神楽(町指定文化財)が、この神楽殿で奉納されます。
鎌倉時代に造られたとされる石鳥居は県指定の文化財。
市川三郷町の文殊に会いに来ませんか。

問合せ先:055‐272‐6094(市川三郷町役場生涯学習課)
MAP≫ ホームページ≫


伊勢塚古墳

市川三郷町大塚地区は、考古遺跡がたくさん分布する曽根丘陵に属しています。
そんな大塚地区では、円墳という形の「伊勢塚古墳」・「鳥居原狐塚古墳」、
前方後円墳の「エモン塚古墳」・「大塚古墳」の4つの古墳が発見されています。
古墳の中からは、馬具や鈴付腕飾り、直刀、六鈴鏡、はにわなど
様々な副葬品が出土しています。
特に、鳥居原狐塚古墳からは赤鳥元年(238年/呉の年号)と書かれた古墳鏡の中でも
もっとも古い時代に分類される神獣鏡が出土し、話題となりました。
また、伊勢塚古墳は毎年3月下旬頃から、桜の名所としても知られています。
ぜひ、市川三郷町の歴史に触れてみてはいかがですか。

問合せ先:055-240-4157(市川三郷町役場産業振興課)
MAP≫ ホームページ≫


宝寿院のしだれ桜

全行程約10km、徒歩でも半日ほどでとても手軽に回れる七福神めぐりです。
第一番:毘沙門天/高学山福寿院
第二番:弁財天/野中山 宝寿寺
第三番:福禄寿/金剛山 宝寿院
第四番:布袋尊/広沢山 花園院
第五番:恵比寿大神/河浦山 薬王寺
第六番:寿老人/蔵澤山 不動院
第七番:大黒天/市瀬山 光勝寺
それぞれに番号が付けられていますが、どこから回っても問題ありません。
お好きなところから始めてみましょう。
桜の名所として有名な寺院や、県の天然記念物に指定されているオハツキイチョウがある寺院も。
色々な季節にめぐってみるのもオススメです。
すべてのお寺でご朱印を集めると、最後のお寺で朱印帳に「満願成就」の印を押してもらえます。
また、記念品もいただけます。
市川三郷の七福神を巡ってみてはいかがですか。

問合せ先:055-240-4157(市川三郷町役場産業振興課)
MAP≫ ホームページ≫


歌舞伎文化公園

歌舞伎の名門市川団十郎発祥の地を記念して作られた公園。
文化資料館やふるさと会館、いこいの森、ふれあい広場などがあります。
資料館には、歌舞伎に関する資料や歴史などについて学ぶことができます。
歌舞伎についての3D映像を見ることができる3D体験映像室は必見です。
お城を思わせるふるさと会館の展望台からは、甲府盆地や八ヶ岳、
南アルプスの山々を一望できます。
また、公園内には約100種2000本のぼたんが植えられていて、
毎年4〜5月にかけて色鮮やかな空間を創ってくれます。
4月下旬には「ぼたんの花まつり」も開催されるので、ぜひお越しください。

休園日:毎週月曜日・祝日の翌日/年末年始(12月29日〜1月5日)
開園時間:午前9時〜午後5時(受付は午後4時まで)
入館料:500円(400円)、小・中学生250円(200円)
       ※カッコ内は20名以上の団体料金
       ※民族資料館は、別途料金100円

問合せ先:055-272-5500(歌舞伎文化公園管理事務所)
MAP≫ ホームページ≫


四尾連湖

標高850mにある山上湖。
江戸時代には、富士山麓の山中・河口・西・精進・本栖の富士五湖と泉端・明見湖と共に
龍神が祀られ、富士八海の1つに数えられていた湖です。
「四尾連」というのは、湖の龍神が「尾崎龍王」という龍で、
4つの尾を連ねた龍が住んでいる湖、という言い伝えから来ていると言います。
湖畔にはキャンプ場もあり、カヌーやカヤック、バードウォッチングなど、
様々なアウトドア体験ができます。
また、春には桜、秋には紅葉など四季折々の美しい風景も魅力的な湖です。

問合せ先:055-240-4157(市川三郷町役場産業振興課)
山荘「水明荘」055-272-1030
   「龍雲荘」055-272-1031
MAP≫ ホームページ≫


千波の滝

古くから、千波瀑布として知られている滝。
普段は水量が少なく、枯れているときも多々ありますが、
水量の多いとき、高さ80mから芦川に注ぐ様は見事です。
また、冬は凍結することもあり、ロッククライマーに人気の滝でもあります。

問合せ先:055-240-4157(市川三郷町役場産業振興課)
MAP≫ ホームページ≫


大門碑林公園

書道のまち、和紙のまち・市川三郷町を象徴する公園です。
園内には、中国で最も著名な西安碑林、曲阜碑林の名碑等を
再現した碑が並んでいます。
園内に1歩入れば、中国にいるような気分になれます。
また、拓本体験をすることも可能です。
市川三郷町で、書の道に触れてみませんか。 

休園日:月曜日(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日、年末年始(12月27日〜1月5日)
開園時間:午前9時30分〜午後5時(入園は午後4時まで)
入園料:一般・大学生600円(500円)、高校生500円(400円)、小・中学生250円(200円)
       ※()内は15名以上の団体料金
拓本体験料:一般・大学生1,000円(上級用紙3枚)
         小・中・高生500円(初級用紙3枚)

問合せ先:055-272-7100(大門碑林公園)
MAP≫ ホームページ≫


神明の花火

花火のまちとして有名な市川三郷町市川大門地区。
江戸時代は、日本三大花火に数えられていました。
古くから伝わる市川大門地区の花火に関する資料や
毎年8月7日、花火の日に開催される「神明の花火」に
関する資料を展示する資料館です。
併設されている公園には、「神明の鐘」という鐘があります。
江戸時代に「神明の花火」は、恋人たちの出会いの場としても
有名で、一緒に見ると幸せになれるという言い伝えをもとに
作られました。
恋人と一緒に、この鐘を鳴らしてみてはいかがでしょうか。

2015年の開館日・時間:6月3日(水)〜8月8日(土) 午前11時〜午後3時
休館日:月・火曜、第三日曜日

問合せ先:055-272-0901(市川三郷町花火資料館)
MAP≫ ホームページ≫


富士見ふれあいの森公園

その名の通り、富士山の見える高台に位置する公園です。
様々な遊具やモトクロス場などもあり、親子で楽しめる場所です。
春には、桜と富士山の共演、秋には紅葉など、季節の変化でも
訪れた人を楽しませてくれます。
また、日向山への遊歩道や自然林の散策路なども整備されていて、
気軽に自然と触れ合えます。

問合せ先:0556-32-2111(市川三郷町役場六郷支所)
MAP≫ ホームページ≫


甲斐源氏発祥の地である市川三郷町の平塩の岡。
そんな歴史ある平塩の岡に立つのが「文化と武道の館」、
通称・ひらしお源氏の館です。
建物は、正倉院と同様の校倉風の外観、日本三大奇橋・猿橋と同じ
「押し出し工法」を用いた梁が特徴的な建物です。
材料の6割に山梨県産の杉を使い、メインのポールは百年杉を
そのまま使用しています。
中に入れば木の温もりを感じることができます。
大きな硯が展示されていたり、また写真展や美術展、
書道展などが開催されるときもありますので、
ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

開館時間:午前9時30分〜午後5時
休館日:月曜日(祝日の場合翌日)、年末年始
入館料:無料

 ※大門碑林公園の隣にあります

問合せ先:055-272-7100(大門碑林公園)
MAP≫ ホームページ≫


芦川渓谷

山梨百名山の1つ、標高1793mの黒岳を源とする芦川。
多くの自然が残され、新緑や紅葉など四季折々で違う表情を見せてくれます。
詳しくはこちら≫


甲斐源氏旧趾

甲斐源氏発祥の地に建てられた記念碑。
詳しくはこちら≫


熊野神社

源義清が守護神として祀ったのが始まりの神社。
詳しくはこちら≫


里山さんぽ道

市川三郷町宮原地区で様々な活動をする山路会が復活させた道。
自然を満喫できるコースとなっています。
詳しくはこちら≫


千本桜の里(寺所の桜)

1500uの山林に千本の桜の木が植えられていて、
毎年春に競うように咲き乱れます。
詳しくはこちら≫


つむぎの湯

はんこのまち・六郷地区にある温泉施設。
保温効果抜群の温泉です。
詳しくはこちら≫


天心太鼓

市川三郷町・富士川町・南アルプス市在住者で構成する郷結会が紹介する巨大太鼓。
詳しくはこちら≫


みたまの湯

大塚地区にある見晴らしの良い温泉。
詳しくはこちら≫

| 市川三郷町 | 富士川町 | 早川町| 身延町| 南部町 |

ページの先頭へ
© 2008 富士川地域・身延線沿線観光振興協議会
〒409-3244山梨県西八代郡市川三郷町岩間495
電話 0556-32-5021 FAX 0556-32-5013
メールはこちらから